忙しくても必要なこと

フリーランスで働く人にとって、仕事がないという状況は切迫したものではないでしょうか。
まずフリーランスの場合は、仕事を受注することから、完成させて納品、また入金確認などすることがたくさんあります。

ついついこのような仕事に時間をとられてしまい、営業をしっかりすることができなければ新しい仕事、次の仕事に繋がることが少なく、どうしても仕事がないといった状況になってしまいます。
つまりフリーエンジニアや、フリーランスで働く人には、営業活動がいかに大切な仕事であるか、ということです。
人との付き合いが苦手だとか、自分を売り込むのが苦手だからといっても、営業活動を怠ると仕事がないという状況になってしまいます。
仕事がなければ、生活に影響が出ますし、会社勤めの時とは違って、その影響はすぐにあらわれることになりますから、出来れば営業活動に費やす時間を多めに予定しておくようにしなくてはいけません。

また営業に使う資料や、名刺などの小物にも配慮が必要です。
印象に残る、でも仕事の内容が分かるものや、具体的な仕事がイメージしやすいものを意識して作ると良いと思います。デジタル化している企業が多いのですが、やはり目で見たもので印象の強いものは記憶に残りますので、案件が出たときに思いだしてもらえることが多いですし、たくさんある名刺の中から見つけやすいものになります。
あまりデザインに凝りすぎて、仕事の内容がイメージしにくいものは、万人受けがしにくいので避けておくと無難ではないかと思います。

また定期的に仕事を発注してくれるような企業などは、時々は顔を出すようにしたり、こまめな連絡をするように心がけておくと良いようです。
仕事の成果によって、次の仕事に繋がるものですが、普段から親しくしている人につい発注してしまうのも、人と人の繋がりが影響するからです。今後、フリーランスとして成功を収めるためには、地道な営業活動が案件獲得のコツだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *