生活に反映される

会社で働いていると、仕事が少なく暇な時期というものがあります。
仕事が少なくても、会社勤めの場合は不安になるということはないでしょう。
給料に関しても、若干残業代などが影響されて、その分の減収にはなっても困るほど少なくなる、といった心配をする人は少ないと思います。

ですがフリーエンジニアなど、フリーランスで働く人には仕事がないということは、生活に大きく影響してきます。
実は会社勤めの場合も、大きく影響しているのですが、その影響を実感することがないので、つい見逃してしまいがちなのです。
いくら仕事があっても、その仕事がきちんと成果を上げることが出来なければ、会社の場合は会社の利益に反映されます。

会社が利益を上げていないのに、給料が上がったり、ボーナスが上がったりすることはありません。
むしろボーナスなどは減額、またはなくなってしまうといったことが考えられます。
つまり、会社勤めの場合は仕事がないといったことが、自分の生活にどう影響するかといったことが実感として分かるまでに時間がかかるのですが、フリーエンジニアの場合は仕事がない期間の影響を、早くに感じ取ることが出来るので、よりシビアになるのだと思います。

つまり、会社勤めであっても、このような危機感を持って仕事をしていると、仕事の精度も上がりますし、会社の利益にも繋がってきます。
この仕組みを分かっている人は多いのですが、会社勤めの場合、なかなかそこまでシビアに仕事に取り組む人が少ないのです。
それは仕事の精度がある程度出来ていれば、収入には困らないからといった、どこかで甘い考えがあるのかもしれません。

仕事を受注してくるのはエンジニアの仕事ではなく、営業や経営者の仕事だからです。
ですがフリーエンジニアになると、仕事の精度が収入に即座に反映されますので、どの仕事も精度を上げたり、顧客が満足するような内容にしなくてはいけませんし、その意識が次の仕事に繋がっていくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *